Q&A「売った土地の固定資産税の納税通知書が届いたのですが?」 | 白石市 大河原町 柴田町周辺の不動産をお探しならサンウッドハウジング株式会社にお任せ下さい。

不動産売買・土地活用はサンウッドハウジング

0224-86-3044

営業時間9:00~18:00 定休日不定休

現在の売買物件数
一般
公開物件
0
0
3
8
会員
公開物件
0
0
0
8
日記
Q&A「売った土地の固定資産税の納税通知書が届いたのですが?」

先日のブログでも固定資産税・都市計画税の納税通知書が届いた事を書きましたが、昨日お客様からお問い合せの電話がありました。

「2月に売った土地の固定資産税の納税通知書が届いたのですが、私が払うのでしょうか?」

 

固定資産税・都市計画税は不動産の所有者に対して市町村から課税される税金ですが、市町村は事務手続き上、その年の1月1日時点での所有者に対して納税通知書を発送します。

 

つまり平成30年度の固定資産税・都市計画税は平成30年1月1日時点での所有者に対して課税されますので、売主様に全額課税される事になります。

 

よって、不動産を売買する月日を分岐点として売主様・買主様双方の税負担額を計算し、売買代金の支払い時に売主様・買主様間で清算します。

 

今回お問い合せを頂いた売主様も売買代金支払い時に清算して頂いたのですが、年の初めに売買した場合など忘れた頃に通知書が届きますので、驚かれてお電話されたそうです。

 

当時の事をご説明し、ご納得して頂きましたので大変良かったです。

 

固定資産税・都市計画税やその他不動産全般のご相談・お問い合せ・無料売却査定はコチラ

 

投稿日:2018/05/19   投稿者:鈴木 健蔵