物件状況の告知~売買契約書の約款をゆる~く解説シリーズ~ | 白石市 大河原町 柴田町周辺の不動産をお探しならサンウッドハウジング株式会社にお任せ下さい。

不動産売買・土地活用はサンウッドハウジング

0224-86-3044

営業時間9:00~18:00 定休日不定休

現在の売買物件数
一般
公開物件
0
0
3
8
会員
公開物件
0
0
0
8
日記
物件状況の告知~売買契約書の約款をゆる~く解説シリーズ~

今回のゆる~く解説は「物件状況の告知」です。


「物件状況の告知」とは売買物件について売主様が知っている事を買主様にお伝え(告知)する事です。

実務的には売買契約書に添付される「物件状況確認書(告知書)」に売主様自ら記入、若しくは売主様からヒアリングした内容を記載して買主様にお渡しします。

「物件状況確認書」の中で重要な告知内容の一つが土地の「境界確定の状況・越境」です。

土地を買主様へお引渡しした後に、買主様が隣地の方とトラブルにならないように、土地の境界をはっきりさせるのが目的です。

現地で杭や金属プレートなどの境界標が確認できない等の理由で、隣地もしくは道路との境界が不明瞭の場合は、土地家屋調査士等の有資格者に依頼して「確定測量」を行います。

「確定測量」は隣接者様と現地で立会いを行い、境界の位置をお互い確認した上、合意した旨を証する為、測量図に署名捺印します。

又、境界が確定していても、「越境物」存在する場合があります。

「越境物」とは隣の土地に境界を越えてはみ出している物です。

越境物で多いのは木の枝やブロック塀です。

原則的には引き渡し時までに売主様に越境物を取り除いてもらいますが、ブロック塀なのど工作物の場合、隣接者様との協議が必要になるので、簡単ではありません。

中には、売主様・隣接者様双方が長年越境物の存在に気づいておらず、売却する為の物件調査ではじめて分かったケースもあります。

他にも、隣接者様とお金を出し合って、お互いの境界線の上にブロック塀やフェンスを作ったという場合もあります。

IMG_0391
IMG_0385


こういった過去の経緯や状況は不動産業者の物件調査では判明し難いので、売主様ご自身に告知して頂く必要があります。

「境界の確定・越境物」以外にも、「かつて土地の上に何が建っていたか」とか「昔、敷地内に井戸があった。」等々を告知して頂きます。

このように売買契約を締結する上で、良い事も悪い事も包み隠さず買主様に告知して、納得してもらうのが「物件状況の告知」です。

投稿日:2017/12/27   投稿者:鈴木 健蔵