繰り返しますが、土地の接道は大変重要です | 白石市 大河原町 柴田町周辺の不動産をお探しならサンウッドハウジング株式会社にお任せ下さい。

不動産売買・土地活用はサンウッドハウジング

0224-86-3044

営業時間9:00~18:00 定休日不定休

現在の売買物件数
一般
公開物件
0
0
4
1
会員
公開物件
0
0
0
5
日記
繰り返しますが、土地の接道は大変重要です

昨日、売却の無料査定のご依頼を頂いた土地の現地調査を行いました。

 

南向きで日当りも良い土地だったのですが、惜しむべく土地と道路との間に第3者の土地が挟まっている為、接道が確保されていませんでした。

 

このブログでも何度も書いていますが、「接道」とは土地に接する道路の事です。

 

繰り返しになりますが、重要な事なので改めて説明します。

建築基準法では以下のような大原則があります。

「建物を建てる土地が建築基準法が定める幅4m以上の道路に2m以上接していなければ、建物を建てる事ができません。」 

接道義務

 

銀行も建物が建てられない土地には、基本的に融資しません。

 

建物を建てる事が出来ない土地では、売却は難しい事を依頼者様にお伝えしました。

 

依頼者様も接道が確保出来ていない事を既に分かっておられて、間に挟まっている土地の所有者様と交渉中だそうです。

 

今後は、将来的に売却できる土地にするようにお手伝いする事をお伝えしました。

 

土地の接道は売買において最重要項目といっても過言ではありません。

 

もし、皆様の中で所有されている不動産に不安を感じる方は是非ご相談下さい。

 

土地の接道やその他不動産全般のご相談・お問い合せはコチラ

投稿日:2017/12/18   投稿者:鈴木 健蔵