お宝発見?! | 白石市 大河原町 柴田町周辺の不動産をお探しならサンウッドハウジング株式会社にお任せ下さい。

不動産売買・土地活用はサンウッドハウジング

0224-86-3044

営業時間9:00~18:00 定休日不定休

現在の売買物件数
一般
公開物件
0
0
3
8
会員
公開物件
0
0
0
5
日記
お宝発見?!

不動産の売却の依頼や相談をお受けした際には、当然ですが売却物件の調査をします。

 

物件調査の中でも土地の隣地境界杭の有無の確認は重要な調査項目です。

 

売買が成立した土地を買主様へ引き渡す際には、原則売主様には土地の隣地境界を買主様へ明示する義務が課せられます。

 

現地に境界杭やそれに代わる金属プレート等の標識が現存する場合は問題無いのですが、一部が欠落しているケースが多々あります。

 

その場合、測量図等を元に「境界杭の復元」という作業を売主様に行って頂く事になります。

 

実際には土地家屋調査士や測量士といった有資格者に依頼する事になるのですが、売主様には費用のご負担をお掛けする事になります。

 

なので、現地にて杭の有無を確認する事は、そういった意味でも重要になります。

 

先日、確認した土地は測量図では全部で14箇所の杭が有ることになっていました。

 

1箇所目から順に確認していったのですが、どうしても見つける事ができ箇所が1箇所だけありました。

 

そこで測量図を再確認してみたところ、見つからない杭の箇所には土留のコンクリートブロックが設置されていました。

 

「ブロックの下か?」と思い掘ってみましたが、やはり見つかりません。

 

諦めかけていた時、ふとコンクリートブロックに開いている穴の中に1箇所だけ他より大きい穴がある事に気づきました。

 

「これか!!」と思いその穴を掘ってみたところ「あった!!!」

 

まさにお宝発見の瞬間です!!

 

無事、14箇所全ての杭を確認する事ができました。良かったです。

 

土地の境界やその他不動産全般のご相談・お問い合せはコチラ

投稿日:2017/09/05   投稿者:鈴木 健蔵