権利証が無くても不動産を売れますか? | 白石市 大河原町 柴田町周辺の不動産をお探しならサンウッドハウジング株式会社にお任せ下さい。

不動産売買・土地活用はサンウッドハウジング

0224-86-3044

営業時間9:00~18:00 定休日不定休

現在の売買物件数
一般
公開物件
0
0
3
8
会員
公開物件
0
0
0
8
日記
権利証が無くても不動産を売れますか?

先日、訪問したお客様からこんなお話を伺いました。

 

「サンウッドさんに売ってもらいたい土地があるんだけど、権利証をどこかにやってしまって見つからないんだよ。権利証が無いと土地を売れないよね?」

 

不動産の【登記済権利証】は再発行が出来ない最重要書類ですが、こちらのお客様のようにたまに紛失された方もいらっしゃいます。

 

ちなみに大河原法務局管内では平成19年1月以降発行された権利証は電子化によって【登記識別情報通知】に変更されています。

 

では、質問の答えですが、【登記済権利証】又は【登記識別情報通知】を紛失した場合でも売却は出来ます。


紛失した場合は、通常の登記手続きの他に以下のいづれかの手続きが追加で必要になります。

 

①事前通知

 

権利証等が無いまま所有権移転登記を申請した場合,法務局から売主様に「あなた様所有の不動産が○○という買主様に所有権移転の登記申請がされていますが、間違いないですか?」というハガキが送られてきます。
このハガキに間違いない旨の署名押印して2週間以内に返信することで登記が有効になります。

 

②司法書士等による本人確認

 

有資格者である司法書士に「売主様に面会して売却が間違い無い事を確認しました。」という書類を作成してもらい、その書類を添えて登記申請を行います。

 

③公証人による本人確認

 

通常の登記申請で必要になる売主様から司法書士への委任状に対して、「間違いなく売主様は司法書士に委任しました。」という証認文を公証人役場の公証人に添付してもらう方法です。


ただ、当然ですが公証人の目の前で委任状に署名押印する必要がありますので、司法書士と供に公証人役場に赴く必要があります。


以上です。

上記のいづれの手続きも費用面も含めてメリット・デメリットがありますので、状況に応じた判断が必要ですが、権利証(又は登記済権利証)が無いからといって売却が出来ないという事は決してありませんのでご安心下さい。


権利証等の紛失や不動産全般についてのご相談・お問い合せはコチラ

投稿日:2017/07/15   投稿者:鈴木 健蔵