今年の地価公示価格の傾向は?|大河原町・白石市・柴田町・角田市・村田町・蔵王町etc・・・仙南地域の不動産売買ならお任せ下さい!

お電話でのお問合せ

0224-86-3044

【営業時間】9:00~18:00 【定休日】不定休

2019年04月22日

今年の地価公示価格の傾向は?

去る3月19日、国土交通省は今年の公示価格をは発表しました。

公示価格とは、国土交通省土地鑑定委員会が公表する1月1日時点での土地価格で、一般の土地取引の指標になる価格です。

皆様が不動産売買の際の参考になるように宮城県と地元仙南地域の地価公示価格の傾向をお伝えしたいと思います。

【宮城県の住宅地の地価上昇率は全国2位】

東北6県の中で住宅地・商業地の地価が上昇したのは宮城県と福島県のみで、他の4県はいづれも下落しました。

中でも宮城県の地価上昇率は住宅地で3.5%(前年:2.9%)、商業地で5.9%(前年:4.8%)と前年を上回る上昇率をみせ、福島県の住宅地1.0%(前年:1.4%)、商業地0.8%(前年:0.8%)を大きく引き離し、住宅地の上昇率は全国で2位となりました。

【宮城県は仙台圏の一人勝ち】

仙台市とその周辺市町を含めた仙台圏では住宅ローンの低金利を背景として子育て世代の仙台圏での住宅取得需要が堅調に推移し、仙台市ではテナントビルなどの投資物件に対しての投資マネーの流入が続いています。

これらが要因となり仙台圏の地価を大きく上昇させ、宮城県全体の地価を上昇させました。

仙台市のみ地価上昇率は住宅地で5.8%(前年:4.6%)、商業地で10.9%(前年8.7%)となっており、特に商業地は2ケタの伸びをみせました。

一方、宮城県内の仙台圏以外の郡部の平均地価のは、マイナス0.6%と四年連続下落しており、下落幅も前年のマイナス0.5%と比べて拡大傾向にあります。

東北地方は宮城県というよりも仙台圏の一人勝ち状態で、格差も拡大傾向にあります。

【地元、仙南地域の傾向は?】

仙南地域2市7町の今年の地価公示価格及び変動率以下の通りです。
※地価は1㎡当たりの単価です。

【白石市】
住宅地
〇上久保:19,000 0.0%
〇鷹巣東3丁目:22,000  0.0%
〇幸:19,300 0.0%
商業地
〇沢目36,600 ▲2.1%

3点の調査地点での変動率はいづれも0.0%と前年から横ばいで推移していますが、駅前商店街の沢目の下落率が目立ちます。


【角田市】
住宅地
〇角田字栄町:22,200 1.4%
〇角田字中島下1:17,500 ▲0.6%
〇梶賀字一里檀:21,300 1.4%
商業地
〇角田字町:▲0.4%

駅から徒歩5分圏内の栄町やショッピングセンター周辺の一里檀は地価が上昇した一方で、従来の商店街の字町や駅やスーパーまで距離のある中島下は下落し二極化傾向が現れています。

【大河原町】
住宅地
〇新南:39,000 2.9%
〇大谷字末広:26,000 4.4%
商業地
〇大谷字町向:39,300 0.0%

駅前の商店街は前年並みを維持し、大河原小学校周辺の住宅地では上昇傾向がみられ、従来からの人気が続いています。

【柴田町】
住宅地
〇船岡新栄2丁目:35,000 4.5%
〇松ヶ越1丁目:21,600 1.4%
商業地
〇船岡中央1丁目:39,000 0.0%

スーパー等のショッピングセンターがあり従来より人気のある船岡新栄の地価が4.5%と仙南地域で最も大きい上昇率をみせ、槻木駅が最寄り駅の松ヶ越の地価も上昇しました。
船岡駅前の商業地は前年並みを維持しています。

【村田町】
住宅地
〇村田字杉ノ内:13,400 ▲0.7%
〇小泉字沖田前:11,100 ▲0.9%
商業地
〇村田字大槻下:18,700 ▲0.5%

【川崎町】
住宅地
〇前川字山長:13,000 ▲3.7%
〇今宿字野上町:8,800 ▲3.3%
商業地
〇前川字本町:16,700 ▲3.5%

【丸森町】
住宅地
〇鳥屋:15,800 ▲0.6%
〇舘矢間舘山字町西:8,700 ▲0.8%
商業地
〇除:15,900 ▲1.2%

村田町・川崎町・丸森町は3町とも住宅地・商業地の地価が下落し、特に川崎町は調査地点のある県内の市町村の中で最も大きい下落率でした。

七ヶ宿町は公示地価の調査地点が設定されていません。

大河原町や柴田町の一部の地区では地価が上昇がみられましたが、仙南地域全体では下落傾向にあり、仙台圏との格差が顕著になっています。

【仙南地域の今後の展望は?】

全国的に人口減少と少子高齢化が進む厳しい状況の中で、地価を維持し続けることは難しいと思われます。

しかし、傍観していては状況は更に悪化し、過疎化は進み地価は下落する一方です。

全国の市町村でも人口減少対策の為の様々な政策を講じています。

隣県の山形県の東根市では、他の市町村に先がけて独自の育児支援政策に注力し、山形県内からの移住者を中心に人口が増加しました。

地価も住宅地で17年ぶり、商業地で27年ぶりに上昇に転じました。

仙南地域の白石市でも、昨年の8月に子育て支援施設として「こじゅうろうキッズランド」をオープンさせました。

しかし、今後は税収が落ち込む事が推測される中で、施設建設のような多額の費用が必要な対策には限界があります。
無いものを求めるより、地域の中に既にある魅力を探し出し再発見する事が、今後の地域発展の基本ではないかと思います。

投稿者:鈴木 健蔵
ページの先頭へ